ご注文・お問い合わせは 0120-933-828 平日9時半~17時 通信料無料 お問い合わせページへ ご注文・お問い合わせは 0120-933-828 発信画面へ

冬虫夏草の歴史

長い歴史の中では4000年ほどの使用経験があり、秦の始皇帝の時代には不老長寿に欠かせない生薬として、極めて珍重されるようになっていたのです。秦の始皇帝が登場する時代には、本草学が目覚ましい勢いで発達していたため、中国は不老長寿に関する食べ物の研究では世界でもトップクラスになっていました。

このような歴史的な背景の中で、中国歴代の本草書や医学書でも取り上げられ、人体の健康にとっては特に有益なものであることが分かったのです。

皇族も愛用した妙薬

冬虫夏草には、免疫を強化させる成分が豊富に含まれていますから、古代中国の激動期においても重宝されていました。
厳しい気候変化や戦乱が続く中で、冬虫夏草のような妙薬が存在したことで、秦の始皇帝の圧倒的な強さを支える原動力になりました。

薬膳としての冬虫夏草

冬虫夏草を薬膳で利用する場合には、陰陽五行説などの観念的な理論も使うことになりますが、学術的な要素を追求した時代もあります。明代に編纂された本草綱目では、冬虫夏草についても詳細な記述が行われ、実用的に使うために必要な性質の分析が行われています。
最後の王朝となる清の時代においても、冬虫夏草は不老長寿に欠かせない材料となり、西太后が愛した宮廷料理でも使われました。

冬虫夏草と楊貴妃・世界三大美女と呼ばれる美貌の秘密

冬虫夏草は、中国の高原にわずかに生息しているキノコの種類で、古くから中国では薬草として用いられてきました。
宮廷でも珍重されていました。
冬の間に土の中で昆虫の幼虫などに寄生して栄養分を吸収し、夏になると発芽をして棒状のキノコが生えてくる生態が由来で、冬虫夏草と呼ばれるようになりました。

楊貴妃が美貌を保つために愛用した若返りの秘薬

寄生する昆虫と菌の種類によって冬虫夏草と呼ばれているものは様々な種類があります。 その中でも貴重とされているのがこうもり蛾科の幼虫に寄生したもので、幻のキノコと呼ばれ、 学名をコルディセプス・シネンシスと言います。

体に溜まった活性酸素を除去する高酸化物質のメラトニンや、細胞を元気にするコルディセピンなどが含まれているのが特長で、お肌に保湿性をあたえることができるマンニトールが含まれているため、素肌のみずみずしさをキープすることができることから、 西暦700年代には、関の始皇帝や世界の三代美女と称されている楊貴妃も美貌を保つためと若返りの秘薬として愛用したといわれています。